沼倉裕です。

最近、様々なコンサルティングやアドバイスを通じて

 

『あ、だからなんだ!やっぱり!』

 

と思う事があります。

もちろん毎回のコンサルを通じて発見はあるのですが

今回お話する件は、私なりに非常に大きな発見になりました。
その発見のお話をしたいと思うのですが

 

私が最近強く感じるのは次の通り。
ほとんどの人が

情報やノウハウを見たり聞いたりしている時、

それらすべてのノウハウを自分の中で

吸収しようとして見ています。
つまり、

 

・このノウハウ何かに使えないか

 

・なるほど、この人良い事言ってる。そうやればいいのか。やろう。

 

などなど

 

インプット前提で見ている人がほとんどなんだなと感じてます。

 

しかしですね。
見た情報やノウハウを全て吸収できるほど

人間のキャパシティはありません。
むしろ失敗している人ほど、ありったけの情報をかき集め

ありったけのノウハウを吸収しようと必死になってます。
確かに目の前の情報やノウハウをすぐに実践する事も

大事です。それは否定できません。これも大切な事です。

 

しかし、それをやりすぎると、
”本来やるべき事”

 

を疎かにしてしまいがちになります。
例えばメールマガジンを発行しているとして

ブログが良いと聞いたから、ブログをやり始める。
例えばこのような状況で、悪い例の人は

せっかく発行していたメールマガジンを辞めてしまいます。

 

やっぱり、本来やるべき事をおろそかにすることに

繋がります。
ですので、まずは本来やるべき事を理解し

自分のキャパシティを知る必要があります。
そしてそれ以上の情報やノウハウは、あえて吸収しないように

心がけるのです。
例えば私は、私自身のキャパシティの上限はきちんと知っています。
ですので、日々他の経営者・起業家の動画や

セミナーも視聴する事はあっても、本当にその時に必要で無い限り

単に視聴するだけの情報、として流し見をし、

無駄にキャパシティ以上の情報は詰め込みません。

 

 

あえて明確に分けるとすれば
・吸収し使うために見る情報・ノウハウ

・気分を高めるためだけに見る情報・ノウハウ
という具合に分類分けをし

きちんと吸収するために見るのであれば

紙とペンを用紙し、ちゃんと気合いを入れて見る。
この辺の分け方が出来ていない人が

目の前にある情報・ノウハウを全て

吸収しようとして、キャパシティ超えを果たし

最後には自滅する。こんな感じになってしまうんですね。

 

 

あなたがこんな感じになっていないか

もう一度自分のキャパシティーを確認してみてくださいね。

 

 

参考になったと思ったらクリック↓

沼倉裕